日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

この日は朝からどんよりとした空です。
この旅、初宿泊 長野市街地~長野松代~信州健康村ホテルナイスイン村一番(東日本応援車中泊旅8日目)

長野市は周りを高い山々に囲まれており、
ちょっと閉鎖的な雰囲気を持っていますね。
ガソリン入れてた時に、アルバイトの女の子としゃべっていたんですけど、
「どうして長野に来たんですか?」って問いに、
「旅行で」って答えると、
「こんななんもない町に見るとこあります?」って返ってきました。
今の若い子には、この古き伝統の町のよさは分からないんでしょうね。

今回の旅行では、さすがに全てを車中泊にはいたしません。
寝不足状態が続くんですよ。
夜中でもトラックのアイドリング騒音とかうるさいし、
朝方になると、その明るい光でも起きますし、
人も行動し始めるので、しゃべり声にも敏感になりますね。
なので、大体まとまっては平均5時間眠れる程度でしょうか。

そこで1週間に1度はきちんとベットのあるところで、
寝ることを決めていました。
今回がその初宿泊。

長野市内にあります、健康ランド併設のカプセルホテルです。
この旅、初宿泊 長野市街地~長野松代~信州健康村ホテルナイスイン村一番(東日本応援車中泊旅8日目)

値段は1泊3300円ですからまあまあ。
今回の旅ではそういう宿泊できる時にはめいっぱい、
チェックインからチェックアウトまで滞在いたします。
ずっと車の中で変化なく暮らしていると、
こういう環境の変化は大切ですね。

詳しくは以下で書いています。
信州健康村カプセルホテルの記事はこちら!

そして丁度良いことに、このホテル滞在時にだけ雨降ってました。
なぜか、私は雨を避ける何かを持っているようです。

カプセルなんで、周りの物音が気になるかなと思ったが、
車中泊に比べると、静かなもんです。
一旦チェックイン後に仮眠後、さらに夜は12時前から、
朝7時までぐっすり眠れました。

これから長期車中泊を考えている方がおられましたら、
いくらフルフラットで眠れると言っても。
周りの環境が眠れるのに快適かどうかは分かりません。
なので、1週間に1回は宿をとるべきですね。
そこでじっくり寝不足解消をいたしましょう。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hansinjyouhou.blog51.fc2.com/tb.php/190-cba9fc1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック