日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

大阪昼酒はしご酒7軒目、って既に太陽なんてもんはなく真っ暗。
前の店で同行者と別れた私。
こちらで書いています。

このまま帰るんもあれやし誰か呼ぼうってことに。
ミナミにこの時間に来てくれそうな連れにかたっぱしから連絡を入れていきます。
しかし、酔っぱらっているから、スマホの操作も怪しい・・・
あの時、何度も連絡してしまった方々、どうもすいません・・・
一人、別の地で飲んでおられた方が合流してくださるとのお言葉。
よかった~(^^)
合流後、こちらのお店へ。
私が難波で一番最高のお店と思っている「最」にやって来ました。

立ち飲み 最[さい](大阪ミナミ難波)

その日のメニュー。
立ち飲み 最[さい](大阪ミナミ難波)

これ以外にも色々とありました。
もしかしたら裏にも掲載されていたのかな?
今回頼んだアテは、ここには載っていませんでしたね。

まずは生中を頼み、おひさしぶりの乾杯♪
立ち飲み 最[さい](大阪ミナミ難波)

この日のサービス品付きだし(無料)は、しば漬けでした。
この無料サービスを最初に出してくれるのも、こちらの店のええところ。
で、一品頼んだのが、サーモンを酒粕のようなもんで和えたやつ。
名前、値段等詳細不明です。
味は上記のような味でした。
このようになかなか凝った料理があるのも、この店の魅力その2。

で、追加でその日の地酒をいただきながら、もう一品。
立ち飲み 最[さい](大阪ミナミ難波)

これはカレーですね。
名前わかんないし、値段もわかんないんですが、これが絶品!!

スパイシー感溢れるカレーは、こりゃ立ち飲み屋の味ではないぞってハイレベル。
立ち飲み 最[さい](大阪ミナミ難波)

またそのスパイシーさに卵のまろやかさが見事にマッチするんよな~
近年、こんな旨いカレー食ってないかのように、むさぼり食いました。

お酒の揃え方、全ての値段、料理の味、その料理の創作度、
そしてなによりお店の方の愛想のよさ。
これだけ備えている立ち飲みは他にはなかなかありませんね。

住所:大阪市中央区難波千日前14-2
電話:06-6631-3151
営業時間:18:00~23:00(L.O.:22:30)
定休日:日・祝日
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く
大阪昼酒はしご酒、4軒目。
堺東で3軒目、こちらの店で呑んでおりました。

せっかく堺東まで来たのだから、大阪中央部に戻る前にもう1軒いきましょうか。
今度の堺東バルに参加しない店からチョイスすることに。
となると、私は経験済みだが、同行者が未経験やったのでここにしましょう。
酒処「竹富」(ちくふ)です。

立ち呑み 竹富(大阪堺東)

店頭のメニュー。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

こちらのお店のウリはなんと言っても、揚げたて天ぷら!!
海鮮系の天ぷらでも1つ100円で食すことができます。
あと湯豆腐(200円)も以前食べたが、出汁がすごく美味しかったな~

ドリンクメニュー。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

酒屋系としては少しお高めか。
瓶ビール大で420円。

ただ、その瓶ビールより始めさせていただきます。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

通常メニュー。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

そして日替わりメニュー。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

乾き物もあれば、こういう本格天ぷらもあるんで、
なかなか、はしごの1角に加えるのは面白い。

天ぷらは一つ一つ手作業で、丁寧に捌いて揚げてくれます。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

出てくるまでに時間かかるので、別に湯豆腐やどて焼きなど、
先に頼む方がええかも。
私は、天ぷらは、海老、穴子、アスパラをチョイス、全て1つ100円。
海老はさすがにこの値段では細いしちっちゃいな。
穴子も少しちいさめ。
ただ、揚げたてでからっとしてる天ぷらなんで、
塩だけでサクッと食べるのが美味ですね。

さーて、もう1杯。
立ち呑み 竹富(大阪堺東)

陶陶酒(260円)というのが気になったので呑んでみようと、
あとは生酒(280円)です。
陶陶酒はまむしが入った薬膳酒、体弱ってたので、こういうのええね~
冷酒は白鹿でした。

うん、天ぷら、長居するならもっと色んなのを食べてみたい。
さすがにレベルの高い立ち呑み。
堺東ではしごするには必須のお店です。

住所:大阪府堺市堺区北瓦町2-1-37
電話:072-232-1326
営業時間:不明(昼間営業されています)
定休日:火曜日
↓お勧めリンク↓

せんべろ探偵が行く