日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

2011年5月、今までかつてない旅を敢行することにした。
東日本は東北太平洋沖の地震により、未曾有の災害に見舞われた。
そこで、私自身に何ができるかを考えたのである。
私のライフワークはブログ、サイトで自身の体験したことを、発信することである。
こつこつと記事も書き溜め、アクセスも伸ばしてきた。
ならば、その土地の観光、名産を私が発信することで、
微力ながら力になれるのではと考えたのだ。
私自身、旅が好きだし、またそれで被災地の経済的を消費し、
またネットを通し、全国へ向けて、そのよさを伝えることができる。
そんな機会をつくるため、2ヶ月の旅に出ることを決意した。

いざ、神戸から出発!
初っ端からトラブルか!?神戸~亀岡~京都(東日本応援車中泊旅1日目)

しかし、さすがに2ヶ月留守にするための準備は非常にかかり、
出発できたのは夕方であった。
この日はあまり無理をせず、京都で宿泊することに決定。

ホテルの立ち寄り湯を経て、京都市内はなかなか車中泊地がないので、
一旦、高速に乗り、大津SAへ向かおうとする。
しかし・・・車のキーが廻らない。
この旅の前に、念のために車の合い鍵作って持って出たんですけど、
それが急にシリンダに入れても回らなくなったんです。
元のキーは家に置いてきたので、また電車で取りに戻るはめに。
まだ京都やったんで、まだこの段階で分かってよかった

初っ端からトラブル・・・
私はなにかしらのトラブルに打たれ弱い、精神的に弱いんで、
これも修業のうちと思うべきかなと、自分に言い聞かせる。

車中泊旅やのに、初日から車中泊せずに、再び家で寝ることになりました。
また明日、また京都に戻りうまくキーが回ればいいのですが。
いや~幸先が悪いな・・・
2日目に続きます。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
この旅も最後の日となりました。
しかし、この日はあいにくの雨。

いよいよ最終日!「道の駅サンピコごうつ~温泉津~出雲~松江~鳥取~西脇~自宅」(九州一周・山陰車中泊旅13日目)

最後の最後で雨に祟られてしまいました。
ホントは、もうちょい島根、鳥取を堪能したかったのだが、
早めに帰宅の途に着くことを決意。
車を東へ走らせます。

朝風呂は温泉津温泉で堪能。
いよいよ最終日!「道の駅サンピコごうつ~温泉津~出雲~松江~鳥取~西脇~自宅」(九州一周・山陰車中泊旅13日目)

この時、一時的に止んだんですけどね。

日本海も灰色の海です。
いよいよ最終日!「道の駅サンピコごうつ~温泉津~出雲~松江~鳥取~西脇~自宅」(九州一周・山陰車中泊旅13日目)

この日は金曜日。
本来は、この国道9号線をずっと行って、
米子~中国自動車道を休日1000円適用になる土曜に日付が変わった段階、
それで帰って来ようと思っていたんですよ。
その計画を変更したので、別ルートを模索。
すると、「鳥取道」という便利な無料高速道路があるんですな。
こちらを利用して、「佐用」まで戻ってきました。

その後、西脇で食べたかったラーメン食って帰宅。
いよいよ最終日!「道の駅サンピコごうつ~温泉津~出雲~松江~鳥取~西脇~自宅」(九州一周・山陰車中泊旅13日目)

今回13日間で走った総走行距離は3650kmでした。
1日平均約280kmですから、初日以外、高速を走っていないにしては、
ちょっと色々と廻りすぎかなって感あります。
ガソリン代も考え、もっと走行距離を抑えた旅を今後は企画するべきですね。

しかし今まで生きてきた中で、最長の13日間の旅。
まあ、うまくいったんやないかなと思います。
自身としては、65点って評価かな。
また、改善させて、次はもっと長旅、さらに点数上げるように精進します。

では、また再見!!!

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
まだまだ晴れの続く今回の長期旅行。
雨が降ったのは、休息デーと定めた6日目だけですからね。
なかなかの晴れ男ぶりを発揮しております(^^)

この日は日本海沿いを東へ向かっていきます。
山陰を横断中!「道の駅願成就温泉~島根益田・浜田~道の駅サンピコごうつ」(九州一周・山陰車中泊旅12日目)

日本海は今回の旅で見たどの海よりも荒々しい。
いかにも男の海ってイメージですね。
「兄弟船」を思わず、口ずさみそうになりました。

この日は、夕ご飯まで、昼間2時間ほど時間が空きました。
山陰を横断中!「道の駅願成就温泉~島根益田・浜田~道の駅サンピコごうつ」(九州一周・山陰車中泊旅12日目)

道の駅「ゆうひパーク浜田」で休息をとります。

この旅で、後部シートはずっとフラットにしたまんま、
布団も引きっぱなしでしたので、すぐにゴロリといけます。
なので、寝不足を感じたことはあまりなかったですね。

夕日の時間になると、とても綺麗みたいです。
山陰を横断中!「道の駅願成就温泉~島根益田・浜田~道の駅サンピコごうつ」(九州一周・山陰車中泊旅12日目)

もうちょい滞在したらよかったかな。
けど、その日の車中泊地に早く着いて、ゆったりしたいです。

ってな訳で、その日の最終ポイントに到着。
山陰を横断中!「道の駅願成就温泉~島根益田・浜田~道の駅サンピコごうつ」(九州一周・山陰車中泊旅12日目)

この旅最後の車中泊地、道の駅「サンピコごうつ」です。
こちら国道9号線の車の行き来の激しい所にあり、
車中泊車も結構ありました。
それに24時間営業のコンビニが併設されているのも便利。
トイレも綺麗で、なかなか快適な道の駅ですね。

で、この旅最後の宿泊となりましたが、
もっと長く旅を続けるには、工夫が必要と思い返していました。
車内の居住性、そして1日の移動距離、立ち寄り処・・・
ま、明日、帰ったら、少しずつその改善点を書き綴ろうかなと思います。
では、おやすみなさいzzz

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
この日で、10日間滞在した九州最後の日となりました。
ちょっと駆け足気味で廻った九州ですけど、
色々と思い出を作れたと思います。

目の前に本州の姿が。
さらば九州、ただいま本州!「万葉の湯~北九州~関門海峡~山口長門・萩~道の駅願成就温泉」(九州一周・山陰車中泊旅11日目)

今回はこの区間はフェリーで渡ってみることにしました。
関門海峡フェリーの記事はこちら!

北九州というと工業地帯。
さらば九州、ただいま本州!「万葉の湯~北九州~関門海峡~山口長門・萩~道の駅願成就温泉」(九州一周・山陰車中泊旅11日目)

こういう製鉄所もあります。
さらば九州、ただいま本州!「万葉の湯~北九州~関門海峡~山口長門・萩~道の駅願成就温泉」(九州一周・山陰車中泊旅11日目)

工場萌えな人には堪らない風景なんだろな。

さあ、その九州の地にさよならを言う時間が来ました。
さらば九州、ただいま本州!「万葉の湯~北九州~関門海峡~山口長門・萩~道の駅願成就温泉」(九州一周・山陰車中泊旅11日目)

また、今度来るのはいつの日になるであろうか。
1年かけて、ゆっくり日本周遊する時期になるかな?
温泉三昧をまた楽しむことにしよう。

その日の車中泊は道の駅「願成就温泉」。
さらば九州、ただいま本州!「万葉の湯~北九州~関門海峡~山口長門・萩~道の駅願成就温泉」(九州一周・山陰車中泊旅11日目)

ホント静かな山口県北部の温泉施設が併設されている道の駅です。
この旅での車中泊も残りあとわずか。
色々と今後工夫して挑む問題点も分かってきました。
日本一周車中泊旅を達成するためにも、改善していきたいですね。
では、ゆっくり休むことにいたしましょう。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
この日もよく晴れました。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

鷹島肥前大橋も非常に綺麗です。

この島もぶらりと一周したかったな。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

ホントに天気がすごくよかったので、
海沿いを走りたい気分でした。

ただ、その日は博多へ急ぎます。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

唐津市内にて、途中に見つけた横断歩道傍にあった人形。
ちょっとお間抜けな顔してませんか(^^)

うん、なんかちょっと怖いです。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

街の交通安全のために頑張ってください。

呼子にやってきました。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

烏賊が廻っています。

うん、海が穏やかだ。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

こちらにはイカが吊るされていました。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

産直のおみやげ物屋さんにも。
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

イカが売られています。

寿司も安かったですね~
いか活造りと華味鳥水炊きを堪能!「道の駅鷹ら島~呼子~博多市内~万葉の湯」(九州一周・山陰車中泊旅10日目)

これ、ここでいか活け造り定食食べなかったら買っていたでしょう。

その後は博多市内へ向かいました。
なぜならば、その日は車中泊にはせず、宿をとりました。
旅も後半になって、ゆっくり眠りにつきたかったんです。

チェックイン15時から、翌朝10時までフルに滞在。
ずっと車中泊続きですと、知らない間に疲れも溜まるもんです。
なので1週間に1回くらいはこうやって宿をとることを私はオススメしますね。
これから車中泊長旅をしようと思っている方はご参考にどうぞ。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)