日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

この日も朝起きるとええ天気です。
私は天候運がよくって、外で活動するときに雨に遭遇することは、
ほぼありません。

有明海も非常に穏やかです。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

その後はずっと南下、小浜温泉に向かいました。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

街のあちこちから煙が噴き出しています。
この光景は大分別府に似ていますね。

海も綺麗だ。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

今回の旅も山の景色、海の景色を堪能させてもらってます。

その後は雲仙へ登って行きます。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

雲仙地獄です。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

こういうのを見ると、ここの泉質味わいたいって思いますよね。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

すぐ近くのホテルの日帰り入浴を楽しみましたが、
この泉質の醍醐味を味わうには、こちらの共同湯が一番です。
長崎、雲仙小地獄温泉館の記事はこちら!

その後は諫早で回転寿司食って、その後は佐世保へ。
佐世保バーガーも堪能しました。
(食ってばっかりやな・・・)

そして、今日の車中泊は道の駅「鷹ら島」。
長崎行脚B級グルメと温泉「道の駅太良~小浜温泉~雲仙温泉~回転寿司~佐世保バーガー~道の駅鷹ら島」(九州一周・山陰車中泊旅9日目)

鷹島肥前大橋の袂にあり、松浦市鷹島の玄関口にあります。
この大橋は2009年4月に出来たところで、それまではこの鷹島は離島やったんですね。
フェリーで行き来していた時は不便やったやろな。
この道の駅も出来て1年ほどで非常に綺麗でした。
しかし、平日の夜に車中泊する車もなく、
ポツンと1台でちょっと怖かったです。

旅も後半にさしかかってきました。
前半はオーバーペースで飛ばしすぎたけど、
この頃は自身のペース配分もだいぶ分かってきて、
いつかは九州一周だけではなく、日本一周するつもりでいますが、
そのええ前哨戦になった旅やと思います。
さあ、明日は福岡博多に上陸だ。
おやすみなさい・・・

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
この旅をいよいよ中盤を過ぎました。
この辺で中だるみするんですよね。
先に進むべきなんでしょうが、
私の場合、いちいち車から降りるのも面倒になって、
一気に走り抜けちゃう性分なんですよ。
せっかく旅行に来ているのにそれはもったいない。
ってな訳でその日は佐賀県中部~南部のみで過ごすことにしました。

武雄にやってきました。
佐賀県をうろうろと「道の駅久留米~佐賀市~武雄市~鹿島市~道の駅太良」(九州一周・山陰車中泊旅8日目)

ちょうど夕方あたりです。
佐賀県をうろうろと「道の駅久留米~佐賀市~武雄市~鹿島市~道の駅太良」(九州一周・山陰車中泊旅8日目)

お昼は後半の行程を再度練り直すためにネットカフェに滞在してたら、
知らん間に時間が経ってました。

山に夕日が沈んでく~
佐賀県をうろうろと「道の駅久留米~佐賀市~武雄市~鹿島市~道の駅太良」(九州一周・山陰車中泊旅8日目)

この旅で一番実りのない1日だったかなと思います。

その後、長崎県に入ります。
佐賀県をうろうろと「道の駅久留米~佐賀市~武雄市~鹿島市~道の駅太良」(九州一周・山陰車中泊旅8日目)

その日、車中泊地と定めたのは道の駅「太良」。
比較的新しい施設です。
トイレも綺麗でしたけど、ここで車中泊する車は皆無?
日曜の夜は閑散としたもんでした。

夕波の有明海。
佐賀県をうろうろと「道の駅久留米~佐賀市~武雄市~鹿島市~道の駅太良」(九州一周・山陰車中泊旅8日目)

遠浅の海がなんだか寂しげですね。

前半は一日5つも6つも温泉施設に入っていましたが、この日は2つ。
前半がオーバーペース過ぎました。
温泉はしごも5日くらいが限界ですね。
温泉は、朝、昼、夕の3つくらいが長旅では適当と、
この日は考えさせられた1日でした。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
前日は熊本のカプセルホテルにてゆっくり過ごしました。
本日はさらに北上して、福岡入りを目指します。

熊本では朝ごはんにラーメン、さらに2湯楽しみます。
これで、熊本の旅は最後。
一番今回の旅で滞在が長い県になりました。

国道3号線で久留米に入ると・・・
B級グルメとアルカリ泉を堪能!「熊本健康ランド~久留米成田山分院慈母大観音様~朝倉~昭和中期の遺産~道の駅久留米」(九州一周・山陰車中泊旅7日目)

なんかでっかいものがあるぞ。
非常に気になります。

後で調べてみると、久留米成田山分院の「慈母大観音様」。
B級グルメとアルカリ泉を堪能!「熊本健康ランド~久留米成田山分院慈母大観音様~朝倉~昭和中期の遺産~道の駅久留米」(九州一周・山陰車中泊旅7日目)

高さ62mの日本最大級の大きさなんだそうな。
総工費も20億円かかっているのだそう。
実際下から眺めるともっと迫力あるんでしょうね。
実物大ガンダムの約4倍弱やもんな。

久留米成田山分院
住所:福岡県久留米市上津町
電話:0942-21-7500
拝観時間:9:00~17:00
拝観料:大人500円、中・高校生300円、小学生100円

で、両極端のご紹介です。
B級グルメとアルカリ泉を堪能!「熊本健康ランド~久留米成田山分院慈母大観音様~朝倉~昭和中期の遺産~道の駅久留米」(九州一周・山陰車中泊旅7日目)

同じ久留米やったと思います、潰れたガソリンスタンド。
って、いつ頃営業してたんでしょうね。
私の予想では、昭和30年後半~40年前半やと思うんですけど。
「エンジン」ではなくって「エンチ”ン」表記やもんね。
こんなのが今も残っているのがすごい。
これぞ廃墟のプチ版です。

ってな感じで今日もあちこち巡ってこちらへ。
B級グルメとアルカリ泉を堪能!「熊本健康ランド~久留米成田山分院慈母大観音様~朝倉~昭和中期の遺産~道の駅久留米」(九州一周・山陰車中泊旅7日目)

2日ぶりの車中泊になりますね。
道の駅「久留米」。
まだまだ綺麗な施設です。
それに市街地に近いこともあるし、この日は土曜。
もう駐車場は車中泊の車で大盛況でした。

明日は佐賀県に向かうこととしますか。
ではおやすみなさいzzz

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
前日にネットカフェで一晩過ごしたわたくしめ。
ただ久々のネットカフェの物珍しさから一睡もしませんでした。
外に出てみると、雨降っています。
この旅初めての雨。
自身なんてラッキーなんやろって思いましたよ。
ちょうど、この日は休息日と定めていて、
カプセルホテルにも予約入れていたんです。

チェックインまでは時間があるので、
まずは朝からこちらに向かいました。

熊本市内にて休息日!「熊本城~玉名市~熊本健康ランド」(九州一周・山陰車中泊旅6日目)

熊本城です。
しかし雨はじゃんじゃん降っています。
ホントは中に入って、色々と見て回りたかったのですが、
雨の中もどうもなってことで・・・

外側のみです。
熊本市内にて休息日!「熊本城~玉名市~熊本健康ランド」(九州一周・山陰車中泊旅6日目)

まだまだ、チェックインまで時間あったので、
熊本近くの温泉を堪能し、ランチを食べてから、
その日の宿泊場所に向かいました。

駐車場無料のホテルであったので、
チェックインまでは車の中で仮眠させてもらいました。

イン16時からアウト翌日10時までしっかりと休息。
さすがに車中泊続きですと、睡眠時間も短かったので、
ここでいっぱい寝溜めできたのはよかったです。
車中泊旅でも1週間に1回ぐらいはこういう日が必要ですね。
後の車中泊旅もこれで非常に楽になりました。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
さあ、九州一周5日目、今日も晴れております。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

鹿児島湾は非常に穏やかな海ですね。

その指宿の地でもう少し温泉を堪能した後・・・
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

こちらに行きました(^^)
って嘘です。
砂むしの近くにあったんですけど、すごいですね~
ここ「ソープランド」なんですって。

ホントに現役でやっているのかと思ったのですが。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

やっているようです。
しかし、ここで出てくる姫は年齢不詳??
ホームページまでは確認していませんので、
興味がある方はぐぐってみて下さい。

こちら開聞岳。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

円錐のような山です。
ここに道を作るとなると渦巻状に作るしかないよなと、
帰ってから調べてみると、やはりそういう登山道になっているみたいですね。

枕崎漁港に到着です。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

プーンとええ鰹節の匂いが漂ってきました。

そんでずっと九州を北上していきます。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

途中、こんな芋焼酎の看板がありました。
ってよりもオブジェですな。
さすが本場ですね~(^^)

熊本市内まで北上してきました。
ずっとこの旅では車中泊できたんですけど、
熊本市内には道の駅はありません。

ネットで色々と検索したいこともあったので。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

こちらのネットカフェで朝まで過ごしましょう。
「コミックバスター」の熊本店です。

久しぶりにネットカフェを利用。
夜10時から朝8時までの10時間、リクライニングシートで。
1200円程度の安さやったんに驚き。
大阪やったらもっと高いよね?

で、ここフリードリンクだけでないです。
九州を南端よりじわじわ北上!「指宿~枕崎~鹿児島熊本を北上~熊本市内~ネットカフェ」(九州一周・山陰車中泊旅5日目)

ポップコーン、ソフトクリームもフリーでした。
なんか物珍しくて、ちょこまかしてたら、
一睡もせずに朝を迎えてしまいました。

さて、寝ずにすごして次の日どうするのでしょうか?
次回、6日目に続きます。

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
4日目、この日もよく晴れました。
まずは道の駅「霧島」を出て向かったのは、野湯に近い温泉。
しかし探せど、探せど見つかりません。

鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

この「犬飼滝」の近くだと聞いていたんですけどね。
この滝へ降りる険しい道を降りていって探しましたが分からない。

結局はこの滝を拝んだだけでした。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

ま、朝からすがすがしい気分になったのでよしとしましょう。

その後は大隅半島をぐるりとしてこちらへ。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

鹿児島のシンボル、桜島です。

うん、男らしい山だ。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

いかにも生きているって感じですね。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

こちらは桜島から鹿児島市に渡るフェリーから望んだ図。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

おっ!!!!
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

爆発したぞ!!!
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

こんな瞬間見れるとは思いませんでした。
夜、車の中でワンセグでニュース見ていると、
普通に今日、桜島は何回爆発したって言ってるんですね。
その日は2回でした。

その日の車中泊地は、道の駅「いぶすき」。
鹿児島をぐるりと一周!「霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~道の駅いぶすき」(九州一周・山陰車中泊旅4日目)

私、この年まで恥ずかしい間違いをしておりました。
「指宿」を今まで「ゆぶすき」と読むんだと思っていました。
はい、おバカです(^^)

ここの道の駅も非常に綺麗で、トイレも快適です。
産地直売も充実していて、翌朝にはここでお土産を買いました。

しかし、これで4日連続の車中泊ですけど、
なかなか快適に眠れております。
さあ!明日もがんばって走るぞ。

この日の走行記録。
道の駅霧島~都城~大隅半島~桜島~鹿児島市内~指宿

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
九州の旅3日目。
この日もよーく晴れております。
道の駅「阿蘇」での目覚めも快適なもんでした。

阿蘇山を望みます。
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

こういうギザギザっとした感じが活火山だなって思いますね。
しかしこういう活火山の近くでよく住むことできるよなって思います。
大爆発したら一瞬で終わりですもん。

起きてすぐ、まずは阿蘇山に登りました。
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

阿蘇は外輪の広大な平野部にも圧巻されます。

こっからも噴火したんでしょうか?
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

いや~天気がいい♪
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

阿蘇は生きているって実感が湧きます。

九州中央部を色々その日は温泉等堪能した後は、
霧島温泉卿へ向かいます。

九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

このあたりの煙の立ち方もすごい。
新燃岳方面の道はさすがに封鎖されておりました。
この辺りの山々も生きております。

夕暮れ時にその日車中泊する道の駅「霧島」に到着。
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

桜のピンク、夕暮れのオレンジ・・・いい情景です。

遠くに見えるは桜島。
九州中央活火山帯を縦断!「阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島」(九州一周・山陰車中泊旅3日目)

この日は活火山尽くめですね(^^)

さーて、それでは休ませてもらいましょう。
ただ、ここ道の駅「霧島」は小さなトイレがぽつんとあるだけ、
すっごく寂しい道の駅です。
私の車以外には1台しか泊まってなかったような。
トイレも古いので、あまり車中泊地としては向かないですね。
では、おやすみなさいですzzz

この日の走行記録。
阿蘇山~宮崎山間部~熊本人吉~霧島温泉卿~道の駅霧島

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
久しぶりの車中泊、1日目の夜。
さすがに夜中は冷え込みましたが、
布団にくるまっていたのでよく眠れました。

この日は大分山中の温泉三昧デーです。
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

過去、大分は3年連続で訪問しているんですけど、
この九重高原近辺は未踏の地やったんですよ。

高原らしく・・・
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

牛さんが出迎えてくれました。
肉牛でしょうね、いずれ私のお腹の中に収まるか(^^;)

この日は雲ひとつない澄み切った青空!
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

こんな中、ドライブするのは相当気持ちええもんですぞ。

上の方まで登ってくると・・・
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

広大な大地が見渡せます。

こちらは夢の大吊橋。
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

日本一の吊橋ってことですが、そんなに長いかな?
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

渡るにも金取るようですけど、あんまり興味なく、
遠目から写真のみです。

その大分、温泉三昧9つのお湯を堪能した後は阿蘇市に向かいます。
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

その日の車中泊地は、道の駅「阿蘇」。
大分の極上湯温泉三昧!「長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~道の駅阿蘇」(九州一周・山陰車中泊旅2日目)

できて日も浅いのか、綺麗な施設でした。
阿蘇市街地にも近く、駐車場も広くて、
車中泊している車、多かったですね。

2日目はいっぱい行きたい温泉を堪能しようと精力的に動き回りました。
翌日は少し抑え目にせんとバテそうですね。
ってな訳で、眠りにつかせていただきますzzz

この日の走行記録。
長湯温泉~九重高原一帯の温泉めぐり9湯~阿蘇市

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
4月、5月は寒暖差はあるものの、非常に車中泊しやすい時期です。
なので、しっかり夜の防寒対策を施せば、連泊も可能。
ってなわけで、進路を西へ、自由気ままな旅にでかけました。

まずは、今は中止になった、休日高速1000円を利用して、
日付が変わった頃合、西宮北ICから山陽自動車道で西へ向かいます。

1つ目の休憩ポイントは、岡山県の吉備サービスエリア。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

そのスナックコーナーの券売機。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

こういうSA,PAではご当地グルメを堪能できますので、
B級グルメ好きな私としては、こういうの眺めるのが好き。
ここでは桃を使ったものが多いですね。
また桃太郎バーガー(580円)ってのも気になりました。
で、以前に、津山ラーメン(700円)は堪能したことあります。
吉備サービスエリア「津山ラーメン」の記事はこちら!

レストランの店頭サンプルもこんな感じで。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

2つ目の休憩ポイントは、山口県の下松サービスエリア。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

そのスナックコーナー。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

こちらの施設はウェスタン調にイメージされていますね。

スナックコーナーメニュー左。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

そして右。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

うーん・・・あんまり特徴ないかな・・・
ここで一旦、ガソリンを補給しました。

小倉南ICを降りてからは南下、一路、温泉王国大分を目指します。

これで4年連続、別府にやって来ているな~(^^)
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

温泉に泉質のよさを望む私としては、
別府の街が最高に魅力的なんですよね。

将来、やっぱり別府に住もうかな。
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

短期滞在でもええから、1ヶ月くらいおりたいですね。

その日の車中泊地として定めたのは、道の駅「ながゆ温泉」
高速1000円にて大阪~小倉を夜中に走破!「吉備SA~下松SA~別府地獄めぐり~道の駅ながゆ温泉」(九州一周・山陰車中泊旅1日目)

次の日は、大分山中の温泉を堪能するため、
こちらをまず出発拠点にしました。
で、こちらの施設、トイレが綺麗なんですよ。
便座は温かく、ウォシュレットです。
やっぱりですね、トイレの汚いところではあまり車中泊はしたくないです。

1日目が終了しましたが、ほぼ予定通り。
今回の旅は温泉めぐりが主流ですが、明日が一番ハードに予定を組んでいます。
早々に寝ることにいたしましょう、おやすみなさいzzz

この日の走行記録。
大阪~西宮北IC~山陽自動車道~小倉南IC~別府~大分~長湯温泉

↓お勧めリンク↓

快適車中泊スポットガイド(全国版)
今回、年末に3日、年始に3日で、テーマを分けての東京訪問。
前半はグルメを堪能(とまではいかなかったが)、
後半はディズニーリゾート三昧(こちらは満腹になるまで堪能です^^)、
よく歩いた6日間でした。

そんな移動手段の助けとなったのが、交通機関に1日券。
初日は、都営、東京メトロ両方使える1000円券を購入。
その初日の記事はこちら!2日目は東京メトロのみ利用できる券にしました。
2日目の記事はこちら!

そして3日目はこちら!
東京グルメ&ディズニーリゾート年末年始旅(あとがき)

JR、東京都区内を利用できる1日券(730円)です。
山手線界隈に色々とお店はあるので、こちらも利用価値高いですね。

東京ディズニーリゾートは3日間でしたのでこれ。
東京グルメ&ディズニーリゾート年末年始旅(あとがき)

3デーマジックパスポート。
3日間で、12900円ですから、1日あたり4300円。
結構、お得なんですよね。

そして、その移動手段としては・・・
2010tokyo6_1.jpg

ディズニーリゾートライン。

そのディズニーリゾートラインの2日券。
東京グルメ&ディズニーリゾート年末年始旅(あとがき)

初日のランドは、舞浜から歩いていけるので必要ありませんが、
シーは歩いていくには非常に遠い。
なので、3日目はシーとランドを行き来しますし、
この2日券(800円)がお得です。

以上、お得な乗車券シリーズでした♪

↓お勧めリンク↓

青春18きっぷで愉しむ鉄道の旅