日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

1月3連休・・・
寒い日にはやはりゆっくり温泉に浸かるのが究極の至極です。
なので、寒い地域ではなく、南の方に行きたいですね。
大阪から手軽に行ける、南の方はやはり和歌山!
その前に勝浦に行ったので、今回は白浜へ!

しかし、白浜も行きやすくなりました。
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

田辺まで高速ありますからね。
岸和田からの休日1000円区間だけで、ここまで来られるのはお得。
丁度、この紀ノ川SAが中間ポイントの休憩として最適です。

フードコートも・・・
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

なんでも揃っている立派なサービスエリアです。
帰りもやはり、ここを休憩ポイントにしました。

で、今回、白浜行きを決めたのはこれがあったから。
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

南紀白浜湯めぐり札(1300円)です。
約15のホテル・旅館のうち、3つの施設を利用できます。
白浜温泉旅館協同組合に加入しているホテルに宿泊すると、購入できます。
普段は日帰り入浴をやっていないホテルでもこれを利用すれば、
温泉施設を使えるんですよ。
温泉はしごが大好きな私は2つ購入して、温泉三昧です(^^)

いや~だけど、天気よくってよかった♪
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

円月島もこんな感じで。
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

海のあるとこは晴れてないと、気持ちよさが半減しますもんね。

夜の白良浜もライトアップされています。
2010年冬 白浜ゆったり2泊3日温泉三昧!(和歌山)

今回も11の温泉施設を3日間で堪能しました。
この度の温泉、宿泊施設、グルメはこちらで記事にいたします。
人生気まま、B級グルメでいきましょ!
関西温泉・スーパー銭湯ほんわか紀行


↓お勧めリンク↓

超実用!車中泊マニュアル
普段めったに食わない、コンビニのお弁当。
400円とか500円とかお金使うくらいなら、その分節約して、
600円や700円かけて、どっかお店で飯食うほうがいいっていうのが、
私の考え方です。
だって、コンビニの弁当は私には味が濃い過ぎるんです。

ただ、どうしてもその日、外にランチに出られない日があった。
仕事先で缶詰作業やったんですよ。
なので、朝、向かう前に、昼に食べる食料を調達。
しかし高いお弁当は買いたくない。
ちゅうわけで、LAWSON 100 STORE(ローソン100ストア)の登場です。

以前ここでは、期間限定の210円弁当を買ったことがある。
LAWSON 100 STORE よくばり弁当の記事はこちら!
味は濃かったが、210円にしてはボリュームあったので満足できました。

今回はこれにしました。
チキンカツ玉子丼 LAWSON 100 STORE(ローソン100ストア)

チキンカツ玉子丼(320円)です。
210円のカレーライスや大盛り焼きそばにも目がいったんですけどね。
なんか、玉子のジュクジュク具合がええ感じに見えたんですよ。

お昼タイムです。
チキンカツ玉子丼 LAWSON 100 STORE(ローソン100ストア)

さーて、いただいてみる。
トンカツに比べると、やはりチキンカツはジューシーさがありません。
まあ、その分安いですからね。
しかし思っていた通り、玉子がええ感じでご飯に合います。
ツユの加減も若干濃いが、許せる範囲。

ボリュームもええ感じやし、普通のコンビニで、
同じボリュームの丼買えば450円ぐらいはするでしょう。
ただ、今は300円前後でファーストフード丼食えるから、
そういうお店が近くにあるなら、そっちで食べた方がいいですね。

↓お勧めリンク↓

がんばれ自炊くん!(ビギナー編)
京橋で一番好きな立ち飲みは?
間違いなく、ここを挙げます。
あちこち新しい店に行くのが好きな私ですが、
多分、京橋で一番訪れている店でしょう。
立ち飲みストリートでも奥の方にあります「まるしん」です。

立ち飲み まるしん(大阪京橋)

金曜の夜、とんでもない人でいっぱい!
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

しかし、中を覗くと、手招きが♪
こんなとこ入れないぞってスペースに2人割り込ませてもらいました。

同行者はここ初めてやったので、いつものサービス♪
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

湯豆腐(150円)です。
ここの湯豆腐はダシがとっても美味しいのです。
誰か新しい人間連れて行くと、これがもらえるので嬉しい。

同行が女性だったのか、さらに大将よりサービス!
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

煮しめ昆布に、はも天もらってました。
あとさらに、穴子の煮こごりも少量でしたがいただくことに。
大将、女性に甘いからね(^^)

サービスばっかりもらっていても・・・店の売り上げに貢献せねば!
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

まぐろ造り(400円)です。
いつも頼んでいますが、この量この味で、この値段はありえない。
そして、ここで大将よりお声がかかりました。
「男前!だし巻き食べてみて!サービス入れるからっ!」

ちゅうわけで、出汁巻(200円)いただきました。
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

中はとろとろ卵の、美味しいたっぷり出汁入りです。
サービスは何かな?と思えば、蛸が入っておりました。

この辺りで味の濃い~もんをとホルモン(300円)を。
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

そして、最後の〆にはかす汁(200円)。
立ち飲み まるしん(大阪京橋)

この酒粕いっぱいの濃厚なかす汁はめっちゃ旨!
鮭のアラもええ風味で、冬といえばこれですな。

相変わらずの「まるしん」・・・
大衆酒場としての雰囲気、安さ、旨さのバランスは京橋一でしょう。
これからも通わせていただきます。

住所:大阪市都島区東野田町3-2-19
電話:06-6351-2154
営業時間:平日/土曜11:00~21:00、日曜/祝日11:00~19:00
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
11月3連休・・・どこか泊まりがけで行こうか考えたが、
やはり、宿がどこもこの値段でこのクラスでは。。。
と思うところばかりで、なかなか食指が伸びない。
ならば、日帰りにして、高速1000円を有効に活用してみてはどうかと、
それで2泊3日で行く予算と同様にプランを練ってみました。
すると、第1週「広島」、第2週「香川」、第3週「岡山」、第4週「奈良」と、
毎土曜日を使って、日帰りツアーが出来ることが判明。
その11月第2週「香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー」のあらすじです。

讃岐うどんの高松市内のお店では、早朝からやってる店が多いです。
それだけ、仕事を始める前に、うどんって方が多いのでしょう。
そういった店を目当てに、朝4時に大阪を出発します。

休憩をほぼ入れずに、辿り着いたのが「津田の松原SA」。
香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー(2009)

まだ、朝6時半でしたので、店は開いていません。
うどん前にトイレ休憩で備えます。

到着後、朝食として食べたうどんはセルフの店3軒。
中でも一番美味しかったのはこれでした。
香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー(2009)

この画像でどこのうどんか分かった方はすごいですね(^^)
ヒントは「釜玉うどん」の有名なお店です。

朝風呂を浴びに、温泉を一つ堪能し・・・
さらに、昼食ではゆったり座れる、オーダ式のうどんを堪能。

朝出かける頃には土砂降りだった雨も、快晴に。
香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー(2009)

秋はホント、空が高いですね~

帰りは淡路SAで休憩。
香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー(2009)

明石大橋も綺麗に見えます。
香川日帰り弾丸 讃岐うどん巡りツアー(2009)

ここで昼寝タイムにし、車の後部シートをフラットにして熟睡zzz
1時間寝る予定が、なんと2時間も寝てました(^^;)
完全に日が落ちて、その夕方の太陽の日差しで目が覚めましたもん。

帰りに明石で明石焼を食べて帰宅。

総走行距離は600kmで、やはり高速走行含め、
このぐらいが日帰りの限度距離でしょう。
間に2時間寝たのもありますが、元気に帰って来られました(^^)

また、各地で堪能した、グルメ、温泉に関しては、
以下のブログで詳しく書き綴っています。
人生気まま、B級グルメでいきましょ!
関西温泉・スーパー銭湯ほんわか紀行
関西グルメ呑んだくれ


↓お勧めリンク↓

超実用!車中泊マニュアル
安呑みの街、京橋をうろうろと・・・
食べるもんは前の2軒でめいっぱい食べてみました。
なので、海鮮物でもちびちびつまみながら、
じっくり座って落ち着いて呑める店がいいなと、頭に思い描く。
となると、普段ならこういう雰囲気の居酒屋はチョイスしないが、
海鮮安くて、座れる店ってことで訪問、「さかなや」である。

海鮮居酒屋 さかなや(大阪京橋)

メニューはこんな感じで。
海鮮居酒屋 さかなや(大阪京橋)

寿司も充実。
海鮮居酒屋 さかなや(大阪京橋)

その日のおすすめ。
海鮮居酒屋 さかなや(大阪京橋)

まず付きだしが出てきました。
帆立を蒸して、味付けしたものでしたね。
あとで領収書見ると、260円でした。
まあ、この値段なら納得かな。

頼んだのは私が鯨のお造りと、同行者がよこわのお造り。
両方とも300円でした。
しかし出てきたのは、どちらも3切れずつ。
どうやら、価格設定を全体的に安くしてるのは、
一品、一品、量を少なめにしてるからですね。
ただ、結構新鮮さは満喫できました。

雰囲気は安い居酒屋チェーン系と同じような感じ。
かなりの人気店なのか、相当賑わっていましたので、
その騒がしさもそれに比例しています。
落ち着いて呑む雰囲気ではないですね。
まあ、4人くらいで海鮮つまみながらわいわいやるにはええかな。

住所:大阪市都島区東野田町3-5-18
電話:06-6352-7766
営業時間:16:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:年末年始
↓お勧めリンク↓

★築地直送の入手困難!まぐろの頬肉★


さかなや (居酒屋 / 京橋、大阪ビジネスパーク、大阪城北詰)
★★☆☆☆ 2.5