日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

京橋一の人気ナンバー1を誇る立ち飲み店。
朝から開けているのに、いつも店内は大盛況!
俺も、ここの前通ると、いっつもマスターの手招きに誘われて、
ついつい入っていっちゃうんですね(^^;)
そんな京橋の立ち飲み屋、「岡室酒店直売所」へやってきました。

岡室酒店直売所

まず、壁のメニューに目をやる。
岡室酒店直売所

上のほうに書いているのは定番メニュー。
そして、その日の仕入れによって、下の短冊は変わってきます。
雰囲気も和気藹々とにぎやかなのもいいが、
全体的に値段が安いのも、ここの魅力です。

瓶ビール大(420円)を注文。
岡室酒店直売所

他にも、酎ハイ(300円)、焼酎、日本酒、ワインと、
普通に飲むのに飽きないですね。

で、ここの一番のお得メニュー。
250円ってな値段で、串焼き、天ぷら、おでんの5種盛りがあります。
(但し品目は店主のお任せ)。

今日は、前の店で魚食べてきたので、天ぷら盛り合わせ(250円)にしました。
岡室酒店直売所

たまねぎ、なす、かぼちゃ、たこ、椎茸。
おでんの出汁をかけてもらって食います。
そんなめっちゃ旨いもんでもないけど、
出汁にびちょびちょに浸して、
ちょっとビールのアテにちびちびつまむにはええでしょう。

そして、串焼きの盛り合わせ(250円)。
岡室の串焼き盛り合わせ

こちらもお任せになりますが、5本でこの値段!!
ジャンキーな酒のアテにはこういうのが一番!

もう1品。
岡室酒店直売所

餃子(200円)にしました。
この出来はね~自家製でないですよね~
ここはやっぱり海鮮ものを頼む方がええです。

ここで飲んでいると、他のお客さんと仲良くなるんで、
どうしても長居してしまいます。
この雰囲気をいつまでも続けていって欲しいですね。

住所:大阪市都島区東野田町3-2-13
電話:06-6358-6598
営業時間:9:00~23:00
定休日:水曜
↓お勧めリンク↓

天ぷらにソースをかけますか?
さて、今日もさんざん三宮で昼から飲み食いしてきました。
で、夜9時前から、仕事終わりに合流する方、出現。
どこに行こうかな~と思ったのだが、仕事終わりやと、
腹もすいているだろうと推察。
ちゅうことで、ビール呑みながら、がっつり食えるものと思い餃子をチョイス。
三宮で餃子を食べるとなると、大抵はここに来ます。
阪急三宮高架下にあります「瓢たん」です。

餃子 瓢たん

メニューはたったこれだけ。
ひょうたん

餃子(8個370円)
飲み物はビール大500円、小320円 泡盛180円 白乾180円
五加皮酒200円 ウーロン茶150円・・・
そう食べるものは餃子しかないのだ。
ご飯もおいていないので、お気をつけ下され。

店内の雰囲気・・・
瓢たん

ちっと殺伐とした雰囲気ではあるが、神戸の餃子有名店でもあるので、
カップル利用率も非常に高いです。

さあ、卓上にある調味料でタレ作りましょうか。
瓢たん

醤油、酢、ラー油、そしてここは、赤味噌です!
ここでは、いつも酢を多め、赤味噌多めにラー油たっぷりで俺は調合します。

今回3人で、4人前注文しました。
これで2人前です。
餃子 瓢たん

昼からさんざん呑んで食べてきた2人で1人前程度。
あとを合流してきた方にばくばく食べてもらいました。
ここの餃子は大きいです。
そして皮がここのは非常に分厚い・・・そしてブニョブニョした食感です。
皮がパリパリに焼けた餃子が好きな人間にはこれは駄目でしょうね。
しかし赤味噌の苦さと餃子のジューシーさが、ちょうどビールに合うんですよ。

さあ、お腹も満腹になっていただけた所で、次に移動しましょうか。
やっぱり瓢たん餃子は旨いです(^^)

瓢たん三宮店
住所:神戸市中央区北長狭通1-31-37
電話:078-331-1354
営業時間:11:30~23:00
定休日:毎月第2日曜日、第4月曜日
今回、なぜ三宮で昼から呑もうと思ったのか?
この店で飲みたいって希望があったからなんですよ。
この店の開店は16:00~・・・
そして土曜なんぞは17時には満席になっていることがざらにある店。
最初の1軒目で飲むにしては、立ち飲みを飲み歩いている俺には、ちっとお高め・・・
なので、何軒か飲み歩いてきてのメインとして、開店直後にお邪魔することにしました。
JR三宮駅東口からは10分程度歩く、ローカルな地に位置しているんですが、
大人気のお店、「藤原」です。

藤原

壁のメニューはこんな感じ。
季節一品料理居酒屋 藤原

以前より値段は上がっておりますが、それでもまだまだ大衆居酒屋レベルです。

カウンターのみのお店です。
季節一品料理居酒屋 藤原

15人ちょっとも入ればいっぱいになるかな。
今回も16時オープンすぐに行きましたが、その時間から予約で5人分埋まっており、
あとの残った席も、16時半には満席になっちゃいました。
その後、何本も電話かかってきてましたが全部お断り状態・・・
土曜やと17時でも無理ですね。

ここで頼むビールはいつもこれ。
季節一品料理居酒屋 藤原

サッポロの赤星の瓶ビール(500円)です。
これ飲むと、あ~藤原にやって来たな~って思いますね。

ここに来るといつも頼むのがこれです。
季節一品料理居酒屋 藤原

以前はメニューにはなかったんですけど、もう誰もが頼むからメニューにしちゃいましたね。
煮物盛り合わせ(600円)です。
小芋、いんげん、竹の子、椎茸、牛蒡、鶏肝、鮪を煮付けを盛り合わせています。
ここの煮付けは結構薄味なんですよ。
その煮付けは、大将が天才ですから言うこと無しです。

そして、きずし盛り合わせ(600円)。
季節一品料理居酒屋 藤原

これも毎度頼んでいるんですけど、旨すぎます。
鯖と鯛との盛り合わせなんですけど、やっぱり酢〆は鯖の方が好きかな。

ここで大将より情報が・・・
「今日は鯛の子が、いいの入ってまっせ!」
そんな美味しいのならいただきますよ~って頼みました。

なんと!!
季節一品料理居酒屋 藤原

イカの白子との煮付け盛り合わせにしてくれました。
ええ素材に、この煮付けの天才がこしらえた物・・・
旨くない訳なかろーもんです。

そして、だし巻き卵ランキングナンバー1。
季節一品料理居酒屋 藤原

玉子焼きは好きで、あちこちで食ってきておりますが、
ここの旨さがナンバー1です。
このだし巻(400円)は、この値段でこの量・・・値打ちありますね。

そして「すじこん煮」を頼もうと思ったが、
今日は煮付けてなく、焼きならできるとのこと。
で、すじ焼き(700円)をいただきました。

季節一品料理居酒屋 藤原

焼く前に、大将がその肉を見せてくれましたが、立派の一言・・・
ものすごくええ色してるんですよ。
食べてみても、コリコリと噛むと、じゅわっと肉汁が拡がります。

再訪)
やっぱりここは美味しい!!っと、2週間後に再訪。
上記のいつもの定番を頼みつつ、今回はこれ!

すじこん煮込み(400円)です。
藤原

ここのすじはとびきり上等のを使ってるのと、
煮込み作りの天才がそれを調理しているのだから、
めっちゃくちゃこれが旨いんよね。

今回も、大満足の一品ばっかりでした。
もうさすがとしか言いようがありません。
ただ、やっぱり酒が弱いよな~酎ハイも缶からコップへ、かぱかぱやもんな~

住所:神戸市中央区二宮町1-6-5
電話:078-242-3282
営業時間:16:00~22:00
定休日:日・祝
↓お勧めリンク↓

★超有名店のだし巻き卵!!★
色々あちこちで食い物を食べ散らかして来ているけど、
安くて旨いのB級グルメの王様はここやと思っています。
ここの餃子だけは、2,3ヶ月に1回は食べないと、禁断症状が出るくらい(^^;)
ちゅうことで、また王将を食ってない禁断症状が出て、ふらふらと入ってしまいました。
「餃子の王将」光善寺店です。

餃子の王将 光善寺店

で、王将は違う店舗に行くと面白いんですよね~
餃子の王将 光善寺店

各店が独自のセットメニューやセールをやっているので、
基本は一緒やけど、その店の個性が分かるのだ。
ここのお店は基本セットにいろんな揚げ物を組み合わせることで、
セットメニューが豊富に揃っています。

もう1枚!
餃子の王将 光善寺店

ただ、食べたかった餃子のセットが2人前になっており、
750円と若干高い。
ちゅうことで、焼きめしのセットが650円であったことから
「トンカツ」とのセットにしました。

店内の様子。
餃子の王将 光善寺店

こういう雰囲気はどこの王将でも一緒ですね。

セットのスープ。
餃子の王将 光善寺店

そんで焼きめし。
餃子の王将 光善寺店

ここのは結構早めに出来上がってきたので、食べる前から不安。
一口食べてみて、それは分かりました。
ぱらっと炒められていないんですね。

餃子の王将 光善寺店

どうしても、焼きめしだけは、鍋ふる人間によって味は変わってきてしまうから、
ここの焼きめしはどうもダメです。
王将はあんまり、焼きめしはずすことはないのに残念・・・

トンカツ。
餃子の王将 光善寺店

この味わいもごくごく普通。
まあ、中華屋にうまいトンカツを望むのが酷ですけど。

やはり餃子のセットにすればよかったと後悔。
王将の餃子やと焼き手で味が変わることは、ほぼないですからね。

住所:大阪府枚方市北中振3丁目23-2
電話:072-831-1229
営業時間:11:00~15:00 16:30~20:30(LO)
定休日:火曜日(月1回月曜日)
↓お勧めリンク↓

麻婆丼にも最適♪ とっとき麻婆豆腐


餃子の王将 光善寺店 (餃子 / 光善寺)
★★☆☆☆ 2.5

神戸灘のJR六甲道~阪神新在家界隈は、非常にええ立ち飲みが集まる宝庫である。
その中でも一番人気はおそらくここでしょう。
酒も、日本酒、焼酎ともに、様々な銘柄が取り揃えられており、
また、アテも結構凝ったものを出してくれます。
そんな立呑み処「ちびちび」にまたやって来ました。

立ち飲み ちびちび

その日のおすすめはこんな感じ。
立ち飲み ちびちび

まず刺身が魚、鶏ともに非常に新鮮!
これだけ食べても満足できますよ。
あと下の方に書いてる、ちょっと凝った料理もなかなか旨いです。

こちらは肉系とスピードメニュー。
立ち飲み ちびちび

このおすすめから選ぶと大抵、はずれをひくことはありません。

焼酎メニューの一部分。
立ち飲み ちびちび

ごく希に、魔王や森伊蔵なんかのプレミア焼酎に巡り会えるのも、
この店のええところです。

店内の様子。
立ち飲み ちびちび

かなり広い、コの字のカウンター。
いっぱいに入ると50人は楽に入れるだろう。
この店内がいつもいっぱいなのだから、ここの人気ぶりが伺える。

まず、頼んだのが「活しまあじ造り」(400円)。
立ち飲み ちびちび

ちょっと、ちっさめで切られているので、ボリューム感はないが、
その身の締まり方は抜群!旨いね~♪

こちらは「焼き茄子とろろ」(200円)。
立ち飲み ちびちび

安いアテではあるが、これはビールになかなか合います。
冷たい茄子がとろろ芋と相性抜群!

エビマグロアボガドの生春巻(350円)。
立ち飲み ちびちび

海老とアボガドは合う食い物ですけど、それをこんな形で調理するとはね。
非常にこれは美味しかった!こういうのが食えるのがここ「ちびちび」のええところ。

次のメインに行く前に軽く今回は立ち寄ったのであるが、
非常に満足のいく時間であった。
やはり、六甲道呑みには、欠かせない店ですね。

住所: 神戸市灘区備後町5-3-1 ウエルブ六甲道一番街113号
電話: 078-841-9888
営業時間:16:30~23:30
定休日: 日・第2土休
↓お勧めリンク↓

★幻のシマアジと言われていますので見事ですね♪★