日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

過去、一番通っている、お気に入りにしている
立ち飲みはどこか?と聞かれたら?
間違いなくここを挙げるでしょう!
旬の海鮮物が非常に美味しく、またそれに激安!!
立ち飲み界の風雲児、立呑「得一」でも扇町店です。

得一 扇町

ここは立地的にも梅田に近くて、阪急梅田から歩いても15分くらいです。
梅田で高い海鮮物食うくらいなら、絶対こっちに来てしまいます。

その日のおすすめメニュー。
得一 扇町

もう海鮮物好きならば、堪らんメニューでしょう。
お造りでも、旬の季節に合わせたもんがずらりと並びます。
また、そのお値段は300円前後!
この店がいつも会社帰りのサラリーマンでごった返すのも分かりますね。
また、女性でも入りやすい、店内の雰囲気がええです。

その日頼んだのは、まず「春野菜の天ぷら」(250円)。
得一 扇町

ちょっと味の濃い野菜ばかりなので、天ぷらでちょうどいい感じ。
ただ、パリっとは揚げられておらず、もさっとしてるのが残念。

そして、「ガシラ唐揚げ」(200円)。
得一 扇町

この値段ですから、ちっちゃいの1匹かと思ったら、中ぐらいのが2匹も!!
カラっと揚げられているので、頭からガブリとポン酢つけていただきます。
これは旨いですね~この値段が信じられない。

「赤貝のお造り」(380円)。
得一 扇町

貝のお造りは好きなんですが、赤貝は高級貝ですから、
めったに食えません。
しかし、ここは、2枚の赤貝をふんだんに使って、380円ですからめっちゃお得!
磯の香りプンプンの赤貝でした。

最後に「めごち天ぷら」(200円)。
得一 扇町

こちらのメゴチはあっさりしたちっちゃい白身魚なので、
こういう天ぷらにするのが一番ですね。
そのふっくら白身感がよく分かる魚です。


ひとり呑み

さすがの「得一」・・・
今回も大満足でした!

住所:大阪市北区末広町3-21
電話:06-6311-1139
営業時間:15:00~23:00
定休日:日曜
↓お勧めリンク↓

天然マグロ 三都物語セット
いよいよ、暖かくなってきた3月初めに、
雪の降らなさそうな温泉のいい地域を模索していると、
伊豆箱根方面がええかな~と足を延ばしてみることに。
ゆったり、夜中に下道をずっと行きながら、
まずは伊豆を目指します。

西名阪道の800円だけは有料道路として使い、
あとは、下道だけの走破法。
名阪国道で亀山まで、そして1号線で四日市へ、
そして国道23号線で名古屋を抜けます。
その後は再び国道1号線へ入り、バイパス王国の静岡へ。
これで大体、休憩はさみつつ、7時間ちょっとで、
沼津あたりまで来れます。
ETC割引の前ですから、普通、名神、東名を使えば8000円超える高速料金なので、
この差は大きいですね。

今回、観光の目的の一つは、富士山を望む風景でした。
朝方まで降っていた雨は昼にはあがってきて、丁度、
西伊豆の恋人岬につく頃には、ええ感じに晴れてきました。
さすが、晴男の面目躍如です(^^)

伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

そのモニュメントの先にうっすら富士山が・・・
伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

さすがに雲がかかっており、全景は拝めませんでした。

頭を雲ぉの、うーえにだーぁし♪
伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

この言葉通り、てっぺんだけ顔を覗かせています。

すっごく菜の花畑が綺麗です。
伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

さすがの西伊豆は暖かかった~
でこの恋人岬は駐車場からその岬まではかなり歩くんですね。
往復で30分くらいかかったかな?
汗かきましたよ~

2日目の朝はさらに富士山寄りの出逢い岬へ。
伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

こっちまで来ると、結構綺麗に見えました。
伊豆箱根名古屋ご当地グルメ旅

箱根で2泊目、そして名古屋で3泊目の今回の旅。
天候の変わりやすい季節ではあったけど、うまい具合に、
雨を避けることができてよかったです。

また宿泊した宿、グルメ、温泉に関しては、
こちらのブログで書きますね。
人生気まま、B級グルメでいきましょ!
関西温泉・スーパー銭湯ほんわか紀行



★今回の宿は全て楽天トラベルにて1泊2食付で1万円での予約です★