日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

本町イタリアン飲み会からの2軒目・・・
今回は幹事でもないので、言われるがままについていきます。
どこに行くんやろ?と聞くと、「ギロチン」とのお名前が。
まあ、大阪の辛い物好きな方なら、聞いたことある店名やと思います。
激辛のチャーハンを出す、個性的なお店ですね(^^)
私も無類の辛い物好きなので、興味津々で、お店へ向かいます。
辛いもんや「ギロチン」南船場店を訪問しました。

辛いもんや ギロチン 南船場店(大阪本町・心斎橋)

お店はこの界隈らしい雰囲気。
ぶらっと、2軒目、3軒目に入りやすいお店です。
あと、朝までやってるのも強みですね。

店内もこんな感じで。
辛いもんや ギロチン 南船場店(大阪本町・心斎橋)

2人でも、ちょっとしたグループでも可能。
今回、10人程度おりましたが、適当に座りました。

ビール、ワインは、しこたま飲んできたので・・・
辛いもんや ギロチン 南船場店(大阪本町・心斎橋)

ここではハイボール。
ちとフラフラだな(^^;)

注文はお任せしてましたんで、餃子やらもあったみたいですが、
食ってないので、写真等ありません。
ただ、その名物「ギロチン炒飯」だけは食おうと思ってました。
チャーハンの辛さも段階がいくつかあるんですが、
勿論、その辛さは一番レベルの高い、「ゴッド」(^^)
まあ人数おるし、それ挑戦せな、おもろないでしょ。

すると店員さん、こんな格好で作り始めます。
辛いもんや ギロチン 南船場店(大阪本町・心斎橋)

はい、防毒マスクを装着(^^)
いざ、鉄板で炒め始めると・・・・
その辛さの毒ガスが店内に充満!!!
ちょっとでもその空気を吸い込むとむせて、咳き込みまくり!!
目もやられて、涙もボロボロ。
たまらず、店外へ逃げ出さねばいけないレベルです。

ようやくその空気も落ち着き、店内へ戻ります。
辛いもんや ギロチン 南船場店(大阪本町・心斎橋)

結構平気な方も多いようで、戻るとだいぶ食われておりました(^^;)
いざ、実食!
うん、パラッとふんわりええ感じで仕上がってる・・・・
なんて!!!言えるレベルじゃない!!!
もう口に入れた瞬間から、辛さだけが伝わってきて、
あとの食感なんてもんは皆無。
口がヒーヒーと、完全に麻痺してしまいます。

結構な辛さでも大丈夫な私なんですけど、
これは食い物としては、ムリだな、罰ゲームレベル。
たぶん、真ん中ぐらいの辛さでええんやろうけど、
チャーハンって食い物は、辛さよりも、パラッとフワッと食感重視するんで、
別に普通レベルで食べるのが美味しいと思うんやけどな~
(それなら、この店来るな、ですね^^;)

終電なくなった・・・
朝までまいりましょうか!
3次会へはこちらのブログで続きます。

住所:大阪市西区新町1-2-6 ニュー新町ビル1F
電話:06-6532-9696
営業時間:17:00~翌6:00
定休日:無休
↓お勧めリンク↓

絶品!大人のB級グルメ
本日のミナミ呑みはしごの3軒目。
2軒目はこちらのイタリアンバルに行きました。
大阪難波「CONA」道頓堀店の記事はこちら!

ビールもワインも飲んだし、次は日本酒でお造り食いたいよな。
まあ、そうなると、ミナミではこの店がすぐに思い浮かびますね。

魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

魚の旨さと安さとの兼ね合いから言うと、ミナミナンバー1でしょう。
魚屋「ひでぞう」です。
行列ができるくらいの大人気店になりましたな。
この日も、約10分ちょっと待って入店しました。

その日のメニュー、右半分。
魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

そして左半分。
魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

海鮮好きの私には、この季節感たっぷりのメニューが大好き。
それにどれもが価格抑えられています。
いつも、はしご呑みの最後の方に来てるので、
あまり色々と堪能はしていないんですけどね(^^;)

ドリンク頼んだのは、私は、獺祭の純米大吟醸。
魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

以前の記事にも書いているが、この値段でこの香り高さは堪らなくいい。
あ、同行者は酎ハイのライムでした。

そして定番ではあるが、刺身5種盛り合わせ(650円)。
魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

本マグロ赤身、カンパチ、鯛、ハリイカ、つぶ貝といった構成。
ちょうど2切れずつあるので、2人で分けるのに最適。
それにこのチョイスが、偏りがないのもええですね。

このアテに獺祭・・・
魚屋ひでぞう(大阪難波ミナミ)立ち飲み

ちびちびやるには最適でした。

うん、非常にええ店であることは確か。
ただ、店がごちゃごちゃごった返してるので、
呑みの最後の方に、落ち着いて飲みたいときには合わないかな~
今度は一度、一軒目としてガツガツ飲み食いしてみたいと思います。

で、もうちょいしゃべりたい。
金もないし、座りの安い店に行きましょうか。
明後日、こちらのブログで続きます。

住所:大阪市中央区難波千日前9-1
電話:非公開
営業時間:17:00~24:00
定休日:水曜日
↓お勧めリンク↓

酩酊・大阪八十八カ所 立ち飲み三銃士と行く後編
本日は梅田でのはしご酒。
この界隈で安く次から次へはしごするには、大阪駅前ビルに行くのが最良。
第一ビルの地下2階に座りの店の並に安いなって思うお店を1軒チェックしておりました。
ちょっと寄っていきましょう。
料酒販店「禅」です。

料酒販店 禅(大阪梅田)過去最高の栄誉を与えたいお店♪

この界隈も次から次へ安い店が量産されてますよね。
果たして何軒生き残っていくのかな?

表のメニュー。
料酒販店 禅(大阪梅田)過去最高の栄誉を与えたいお店♪

見てのとおり、イタリアン系のバルっぽいお店なんですよ。

いざ店内に入ろうとすると・・・
丸刈りのメガネの兄ちゃんが、私らを制止します。
奥に2人座られていたんですけど、そっから2席ほど空けたそこに座ってとのこと。
あ~なるほど奥は常連席ね・・・
うん、こういう店大嫌い。
但し、この時点では私、顔に出してませんよ。

店内入って、メニュー。
料酒販店 禅(大阪梅田)過去最高の栄誉を与えたいお店♪

もう1枚。
料酒販店 禅(大阪梅田)過去最高の栄誉を与えたいお店♪

食べログでの情報ではワンコインのメニューがあるとのことでしたが、
ここには一切載っていません(表のメニューにもないですよね)。
なのでその丸刈りメガネに聞きました。
すると「ありますよ」とのこと(かなり不機嫌そうでしたが)。
なんでメニューには載せてないんでしょう?常連客用?

なら、それ1つをビールで、別に白ワインと牡蠣のマリネ(590円)もって注文。
同じもんをたくさん食べたくない私は、2人訪問ですからそういう注文です。
そしたらあからさまに、めんどくさい注文するなよって顔されました。

その後、料理の写真撮ろうとすると制止されます。
「うち、写真撮影禁止なんで」
おいおい、食べログで口コミ書いてる人間みんな写真つきやぞ。

なので写真はありませんが、出てきた料理の感想・・・
よくもまあ、こんな素人料理をこの値段で出せたもんだ。
梅田には、本格的なイタリアン系の立ち飲みがいっぱいあります。
寄りによってこんな店選んでしまった自分を悔やむ瞬間。

その後、空けていた席に常連さんが来られました。
その方々とは、丸刈りメガネは親しげにしゃべってるんですけどね。
(よほど一見がめんどくさいのか、私が本質的に嫌いなんでしょう)

はい、全てにおいてここまですごいお店に出会ったのは初めての経験でびっくり。
普通は、料理は美味しくて安いけど、応対悪いとかなんですけどね。
(まあ、この丸刈りメガネがバイトで、
偶々そういう悪いんに当たったのかもしれませんが)

同じ大阪駅前第一ビルの激安イタリアン系でも、
こちらのようにしっかりとしたものを提供くださるお店もあります。
私なら絶対こっち選びますよ。
大阪梅田「立ちぶどう 千本 C'est bon」の記事はこちら!

住所:大阪府大阪市北区梅田1-3-1 大阪駅前第1ビルB2F
電話:06-6347-1575
営業時間:17:00~23:00(L.O.22:30)
定休日:日曜日・祝日
↓お勧めリンク↓

酩酊・大阪八十八カ所 立ち飲み三銃士と行く後編
花園町~新今宮にかけての昼酒はしご呑み4軒目。
今回、萩ノ茶屋お初の同行者であったので、こちらのお店ははずせない。
さくっとホルモン食って、次の店へ向かいましょうか。
「やまき」でディープ感に浸っていただきましょう。

ホルモン焼き やまき(大阪西成萩ノ茶屋)

相変わらずの人気店。
ただ2人くらいなら端っこに潜り込めそうです。

ビールもさんざん飲んできたので、ここでは缶酎ハイ(250円)。
ホルモン焼き やまき(大阪西成萩ノ茶屋)

ここのホルモンやと、ビールよりもこっちの方が合うかも。

とりあえず、各1人、ホルモン2本と肝1枚を頼みます。
ホルモン焼き やまき(大阪西成萩ノ茶屋)

1本60円なので、これだけでもたった180円。
缶酎ハイと合わせてもワンコインいきません。

ホルモン2本。
ホルモン焼き やまき(大阪西成萩ノ茶屋)

2度漬け禁止のタレにざくっとくぐらせていただく。
このホルモン自体はまあ値段相応だなって味わいなんですけど、
にんにくたっぷり、辛みもあるパンチの効いたこのタレが私は好き。
このジャンキーさが、この店の雰囲気とぴったり合います。

そして、レバーもいただきます。
ホルモン焼き やまき(大阪西成萩ノ茶屋)

こちらは中はちょっとレア気味に焼かれているので、
生レバー好きな私にはぴったり。

うん、いつもながらB級感たっぷり!
これぞ、大阪ディープB級店の代表格やと思います。
次の店へ向かいましょうか。
こちら別ブログで明後日に続きます。

住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7
電話:06-6634-3535
営業時間:[月~金]14:00~21:00 [土・日]11:00~21:00
定休日:不定休
↓お勧めリンク↓

極上のビールを飲もう!
この日は久しぶりに、大阪地下鉄のエンジョイECOカードを使ったはしご酒。
3ヶ所くらいあちこち移動するならば、600円で乗り放題なので、
これ使った方がお得です。
で、この日は1軒ターゲットに定めていたお店がありました。
マグロが安くて美味しい立ち呑みとして、もう有名店ですね。
大阪ナンバー1にマグロ食べるにはCP値が高いと思っています。
「魚庭本店」で本日の飲み始めです。

魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

オープン11時の5分前に到着したのだが、すでに待ち客が5人程。
この人気店なので、オープンと同時に襲撃しました。

そのマグロメニュー。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

見ての通り、いろんな部位、そして調理法があります。
それに安いでしょ?

さーて、店内に入ります。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

オーソドックスなカウンター立ち呑み。
あとマグロも安いが、酒も安いです。
スーパドライ生中が290円、大瓶が390円ってな値段。

まずは大瓶ビール(390円)からいきましょうか。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

今日はどのくらい飲めるかな?(^^)

アテメニュー。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

もう一つ。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

マグロの他に、鯨も安いんですよね。

いただいたのは本マグロ中トロ(480円)。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

非常に大きなぶつ切りでボリュームたっぷり。

ねっとりととろける中トロはさすがの旨さ!
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

この店以上に、マグロの質、値段の兼ね合いがすごい店があるなら、
教えて欲しいくらいです。

ここで、生中(290円)にスイッチします。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

これだけマグロが旨いとビールも旨い!

で、せっかく鯨メニューもあるのだから、そっちから。
魚庭本店(大阪蒲生4丁目)マグロ立ち呑み

鯨カツが250円やったんで、そちらをいただく。
しかしこういうカツは、牛や豚の方が美味しいと思うな。

はしご酒なんで、これにておあいそ。
この店でもっとまぐろ三昧すれば、めちゃくちゃ満足でしょうね。
店員のおねえさんの愛想もええし、居心地もいい。
私の中での、大阪立ち呑みトップ5の順位は、不動のお店です。

地下鉄に乗って、場所変えましょう!
こちらのブログですぐに続きます。

住所:大阪市城東区今福西1-8-14
電話:06-6939-3491
営業時間:11:00~21:00
定休日:日曜日
↓お勧めリンク↓

酩酊・大阪八十八カ所 立ち飲み三銃士と行く後編