日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

王将の餃子は2,3ヶ月に1回は無性に食べたくなる味だ。
何度食っても、ここの餃子だけは飽きない。
なんででしょうね。
そんな王将餃子を食いたいサイクルがやってきたので、
今日のランチはここにしましょう、「王将」尼宝線寺本店です。

餃子の王将 やきめしセット

店内~
餃子の王将 やきめしセット

雰囲気はどこの王将も変わらないですね。
まあ、古くて汚いか、改装されて綺麗かぐらいですかな。
ここはリニューアル直後で綺麗でした。

尼宝線寺本店のオリジナルセットメニュー。
餃子の王将 やきめしセット

王将は各店舗でセットメニューが違うのも魅力。
あちこちでいろんなセットを食べてきたな~
けどこの店、なんか前よりも少なくなってるな。

餃子とやきめしが食いたかったので・・・
餃子の王将 やきめしセット

やきめしセット(690円)にしました。
以前は、650円くらいで食えてたのに、
やはり値上がっていますね。

週末うつのみや餃子をたべにいく

チャーハン、餃子。
餃子の王将 やきめしセット

今日のここのチャーハンはぱらっと感がイマイチ。
餃子はいつもの如く旨い。

スープに、唐揚げ。
餃子の王将 やきめしセット

このスープは駄目、全然味しません。
王将はどこでもラーメン、イマイチやと思うけど、
スープが全然駄目なんでしょうね。
唐揚げは揚げ方はぱりっとしてるが鶏肉にジューシーさがない。
ささみを唐揚げにした感じです。

やっぱ、餃子、この値段にしては美味しいよな~
下手な餃子専門店行くぐらいなら、やっぱり王将餃子!!

王将 尼宝線寺本店
住所:伊丹市寺本6-68-1
電話:072-784-5445
営業時間:月曜~土曜・祝日11:00~23:30(LO23:00)
       日曜11:00~22:30(LO22:00)
定休日:無休
今日は久々に「吉野家」を訪れた。
BSE問題で牛丼がなくなってからというもの、
吉野家に足を運ぶ機会がめっきり減った。

本日は豚丼並(320円)
ぱっと壁を見ると、ツユが改善されて、よりうまくなったらしい。
さて一口目・・・お!これはなかなかうまいんとちゃうん?
非常にその改善されたというツユがうまいのである。
牛丼が販売されなくなってから、すぐに豚丼を食べたことがあるのだが、
あの時は非常にまずかった記憶がある。
豚のくさみをうまく消しきれていなかった。
しかし、今日のはそんなことはない。
逆に、あのなつかしの牛丼の味を思い出させてくれるかのような、
ツユの味なのである。

「吉野家」はこの丼業界で非常に苦戦を強いられているが、
その分、企業努力は他の会社以上にされているのだと思います。

しかし、客が全然入っていなかった・・・
夜の8時という晩飯時に、俺一人だけで、俺が食ってる間に、持ち帰りで
2人入ってきただけ・・・
まだまだ客足遠のいていますね。

早くアメリカ牛の輸入再開してもらいたいものです。
牛タンもなかなか食えない世の中ですもんな。
牛タン好きの俺には、まだまだ続いたらつらいっす。
「スシロー」と並ぶ、関西最大手回転すしチェーンの「くら寿司」です。
寿司は全部105円均一、高いネタは一貫で出しています。

夜勤前であまり時間がなかったので、6皿のみ食べたが、
一番うまかったのは「いわし」であった。
二貫なのだが、1つで何と「いわし」まるごと一匹使っているのである。
また、そのいわしも脂がのっていて、シャキシャキのトロトロ(意味伝わらない
でしょうか。。。ネタが新鮮で口の中でとろける感じなのです)が、
堪らなくうまい。

あと、「生うに」「生いくら」を一貫でだしているのだが、これが以前
うまかったのだが、今回はイマイチだった。
「うに」は安物は苦いだけのがよくあるが、ここ「くら寿司」は、前は
そんなことがなく、うに独特の芳醇な味わいがあった。
しかし、今日は苦味こそないけど、芳醇な味わい感がなかったのである。
いくらにしても然り、安物いくらはぷちぷちっとした感触があるのだが、
ここの「生いくら」にゅるっと潰れて、いくら独特の風味が口の中に広がるもの
だったのが、これも今日はその広がりがなかったのである。
これがちょっと残念だった。

あと、大好物の「えんがわ」はやはりおいしかったですね。
脂っこさがにじみ出てくるけど、あっさりしてるという、あの両極端で言い表せられる
あの味、とても好きです。