日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

スーパーで見かけて、ふと買ってしまった商品。
大阪、「肉吸い」で有名なナンバ花月近くのうどん屋さん。
「千とせ」の名前は関西人ならば聞いたことがあると思います。
私も一度「肉うどん」を食べたことがありますね。
大阪、ミナミ「千とせ」の記事はこちら!

その「千とせ」と「日清食品」がコラボしてこんな商品出しているんですよ。
鍋焼うどん 千とせ肉うどん(日清食品)チルドアルミ鍋うどん

アルミ鍋タイプのチルド食品です。
日清食品のインスタントチルドタイプの出来は、なかなかやと思っています。
中でも、このつけ麺の出来には感心しました。
日清食品、つけ麺の達人 濃厚魚介醤油&濃厚豚骨醤油の記事はこちら!

一度は店で食べている味なので、その味の再現がどこまでできているのか、
非常に興味があって、購入してみました。

ま、作り方は簡単。
鍋焼うどん 千とせ肉うどん(日清食品)チルドアルミ鍋うどん

アルミ鍋に水を入れて沸騰させた後、うどんとかやくを投入して出来上がり。
しかし、こうやって作ると、見た目はあんまり美味しくなさそうですね(^^;)
ちゃんと丼に移せばよかったな。

食べてみた印象。
鍋焼うどん 千とせ肉うどん(日清食品)チルドアルミ鍋うどん

まず、うどん自体は大阪うどんとはこんなもんでしょう。
店で食べたのも、うどん自体の味は印象ありませんしね。
スープの味も、大阪風、鰹と昆布の薄味としては、ちょうどええです。
しかし、全く違うのが牛肉!
「千とせ」が旨いと思うのは、牛肉の旨みと薄味スープとのコンビネーションです。
なので、うどん抜きの「肉吸い」って食い物が店では人気あるわけです。
それなのに、こんなボソボソ、ペラペラの少ない牛肉では旨みは出ません。

250円程度した食べ物としては、大いに不満が残りました。
これならば、やっすーい激安スーパーの20円ぐらいのうどんに、
市販のインスタントうどんスープ、あとネギはきっちり青葱を刻んで、
安い牛のバラ肉を投入しても、同じ値段くらいで、
遙かに旨い肉うどんができると思いますよ。

↓お勧めリンク↓

★2時間行列のできる「なかむら」のうどんが通販で買える!!★