日本全国、道の駅車中泊、青春18きっぷなどを利用した時に見つけた面白スポット、グルメを紹介します

等身大ガンダムに魅了された私(^^)
RG(リアルグレード) 1/1ガンダムプロジェクトの記事はこちら!

あと、ガンプラは10代の頃は結構作っていたんですよね。
なので、こちらのプラモデルの展示も興味あったんですよ。
600円の入場料ですが、こちらにも立ち寄ってみることにしました。

まずは戦艦大和。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

自身、初めてプラモデルを作ったのは、記憶に残っている限り、
小学校1年生やったと思います。
それも、この上に写ってる「大和」のもうちょいちっちゃいの。
さすがに小学1年生では、満足に組み立てられなかった記憶が・・・

これは日本最初のプラモデルの復刻版です。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

このあたりのパッケージは記憶にありますね。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

戦車は興味なかったので作ってませんが。

プラモデルのモデルになったこんな軍用車もありました。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

で、なんと言ってもこれ!!
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

ガンプラよりも、自身が一番よく作ったプラモデルです。
「ウォーターライン」シリーズ。
小学校高学年の時には、第二次大戦の軍記物をよく読んでました。
特に大日本帝国海軍ものは大好きでしたね。
この頃尊敬する人物は、「山本五十六」でしたもん。

続いて、キャラクターもんが登場します。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

ゲッターロボや、グレートマジンガーなんてのも、
私の世代には堪らないでしょう。
なので、スーパーロボット大戦のゲームは昔よくやりました。

この頃はまだF1に興味がなかった時代ですが、この車だけは印象にあります。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

タイレル(ティレル)P34、F1で唯一の6輪車です。
ちょうどスーパーカー消しゴムが流行っていた時代に、
この車の消しゴムを手に入れるのを苦労した覚えがあります。

この宇宙戦艦ヤマトのプラモも作ったな~
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)


機動戦士ガンダム原典継承

そして、ようやく登場!ガンプラ!
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

こちらには1分の1、コアファイターの展示があります。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

この辺のは結構リアルですね。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

ただ、もうこの頃になると、私はプラモは作ってません。

ガンダム系のジオラマ。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

もう1枚。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

さらにもう1枚。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

やっぱり、このファーストガンダムシリーズが愛着あります。
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

Zも好きでしたけど、やっぱりアムロが一番強い、ファーストガンダムが大好き♪

で、昔のガンプラと同じスケールの144分の1の大きさでも、これにはびっくり!
模型の世界首都 静岡ホビーフェア(東静岡)

とんでもなく精巧にできているんですよ。
あっちゃこっちゃの関節はしっかり曲がるし、ものすごい・・・
ショップで値段見ると、2500円ってな値段やったと思いますが、
すごい進歩やと思います。


ガンダムの常識(一年戦争キャラクター大全)

昔を思い返しながら、ノスタルジックな気持ちに・・・
今となっては、こんなの作りたいとは思わないですけど、
なーんか楽しい気分にさせてもらえました。

実施場所:東静岡広場(JR東静岡駅北側/静岡市葵区長沼)
「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」
入場料:大人600円
交通:JR東静岡駅北口下車徒歩1分(JR東海道線)
実施期間:2010年7月24日(土)~2011年1月10日(月・祝)※
開催時間:2010年7/24~8/31 10:00~20:00、2010年9/1~2011年1/10 10:00~18:00

↓お勧めリンク↓

ガンダム世代のための超「ガンプラ大全」